トイレでつまりの水のトラブルがおきたとき

毎日使う水回りでトラブルが起こったとき、ほとんどの方は頭が真っ白になります。すぐに修理が必要だと分かっていても水のトラブルは一般人にとって大変なことです。トイレで起きた場合は特に慌ててしまうでしょう。もしもトイレでつまりが原因のトラブルが起きたとき、それは何が原因になっているのでしょうか。

■無駄遣いを防ぐ工夫がトラブルを生むことがある

エコ生活が日本全国で広まっているいま、水は大事な資源なので節水を心がけている方も増えてきました。様々な工夫を取り入れている中で、トイレのタンク内にペットボトルを入れて節水に励む家庭も少なくありません。ところが、トイレタンク内の水の量は、一度流すだけでも便器の中の汚物がすべてキレイに流れる量に設定されています。ですから、ペットボトルを入れてしまうと流れる水の量が極端に少なくなり、便器の中の汚物が流れなくなってしまうのです。



■水に溶けるトイレットペーパーの使い方にも注意が必要

トイレットペーパーは水に溶けやすい性質を持っているものの、一度にたくさん使ってしまうと、その量が多すぎて一度で流れないことがあります。それどころか、便器の中でつまりのトラブルを起きしやすくなるので、たくさん使ったときは回数を分けて流すよう気をつけましょう。




■まとめ
トイレ内でつまりの水のトラブルが起きたとき、ラバーカップなどを使って解消できることもあります。ラバーカップを持っておくといざという時に役立ちます。トラブルの状況によって専門業者による修理が必要になることも珍しくありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ