トイレの水のトラブルは修理が必要か判断する

トイレの水のトラブルは修理を施すことで解消することができます。ただし、場合によっては修理が必要ではないこともあります。一般人にはその見極めが難しいと言われていますが、ほんのちょっと様子を見ることで修理が必要かどうか判断できることもあります。

■トイレ内の床がビショビショに

トイレに入ろうとしたら床が水浸しで驚いたという声が多くあるように、床が濡れている状況を目の当たりにする方は少なくありません。その原因はもちろん、配水管から漏れている可能性や、部品の劣化で起きていることも考えられます。トラブルを目の前にして思わず体が動かなくなってしまいそうですが、そんなときこそ冷静に状況を見極めていくことが大切です。



■水漏れが原因ではない可能性もある

床が濡れているのだから水漏れが起きている可能性はもちろんあります。しかし、トイレだからこそ水漏れが原因ではないこともあるのです。その原因の一つが結露です。寒い時期になると水回りに結露が起こりやすくなります。トイレの場合はタンク、配水管などがそれにあたりますが、その結露が滴って床に少しずつ溜まって、床が水浸しになるという状況は案外多いのです。




■まとめ
トイレ内では色んな水のトラブルが起こりやすいので、床が濡れているとすべて修理が必要なトラブルと思い込んでしまいます。一度冷静になって、結露が原因ではないのかどうか確かめるためにも、濡れている場所をタオルなどで拭き取って様子を見てください。それでもポタポタ水が漏れるようなら修理が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ